ニコール・キッドマン、『Empire 成功の代償』出演を熱望?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコール・キッドマンが人気ドラマ『Empire 成功の代償』に出演したいようだ。ニコールは出演作『ペーパーボーイ 真夏の引力』の監督で同ドラマのクリエイターであるリー・ダニエルズとまた仕事をしてみたいと考えているものの、現在ロンドンのウエスト・エンドで上演中の舞台『フォトグラフ51』に出演中のため、ドラマ出演に時間が割けない状態にあるという。インタビュー誌での対談でダニエルズがニコールに出演して欲しいのにニコールがロンドンで有意義な時間を送っているから残念だと漏らすと、ニコールは「私もいつか出させてくれるって約束したじゃない」と答えた。

しかし出演を引き受ける時の決め手となることは何かという点についてニコールは「『エンパイア』みたいな作品に出る場合は私が必要とされる時間を完全に注ぎ込めるかということが重要だわ。ただ突然入って出ていくみたいなことはできないの。感情的にそこまで入り込める余裕がないでしょ」と答えている。

またそのインタビューの中でニコールが『フォトグラフ51』の監督であるマイケル・グランデージに会ったことがあるかとダニエルズに尋ねると「いや、会ったことはないんだ。とりあえず知っていることは彼のせいで君が『エンパイア』に出られないってことで、僕はそれに怒りを覚えているってことだね。君にはあの番組に出演してもらわないと」と冗談交じりに答えるシーンもあったようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop