エンリケ・イグレシアス、ラテン・アメリカ・ミュージック・アワードで5部門最多受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンリケ・イグレシアスがラテン・アメリカ・ミュージック・アワード(AMAs)で最多受賞を果した。最優秀アーティスト、フェイバリット・メイル・アーティスト賞、ニッキー・ジャムとのコラボ曲『エル・ペルドン』で最優秀楽曲賞、フェイバリット・ストリーミング・ソング賞、フェイバリット・コラボレーション賞を獲得し見事5冠に輝いたエンリケは、「AMAsに投票してくれたみんな、ありがとう!!!」とソーシャルメディアで投票者への感謝を表した。

また同式典では、J・バルヴィンが最優秀新人賞、リッキー・マーティンが『ア・キエン・キエラ・エスクチャール』で最優秀アルバム賞、グロリア・トレビがフェイバリット・フィーメイル・アーティスト賞を手にしている中で、デミ・ロヴァートがフェイバリット・クロスオーバー・アーティスト賞、ゼッドがセレーナ・ゴメスとコラボした『アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ』がフェイバリット・ダンス・ソング賞を受賞した。

ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された同式典では、ナタリー・ラ・ローズ、パウリナ・ルビオ、トレビ、フォンセカ、ヤンダルとリル・ジョンがそれぞれパフォーマンスを披露して会場を沸かせた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop