ウィズ・カリファ、立ちションの罪で召喚状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィズ・カリファ(28)が公共の場での立ち小便の罪により出頭命令を受けたそうだ。別居中の妻アンバー・ローズとの間に2歳の息子を持つウィズだが、10日(土)未明にピッツバーグにあるバー、ザ・フラッツの広報で立ちションをしているところを警察に発見されたという。ウィズは前日にシーズン開始となったバスケットボール番組『ミッドナイト・マッドネス』出演のために同市に滞在していた。今回の件で逮捕には至らなかったものの、警察から召喚状を出されたそうだ。

そんなウィズは8月にも警察沙汰になっており、その際にはロサンゼルス国際空港内でホバーボードの使用を止めなかったことにより手錠をかけられていた。ウィズは当時の様子を収めた画像をインスタグラムに投稿しており、そこでは「3人の警察が抵抗を止めろと叫んでる。やることと言えばただ1つ、俺は抵抗なんてしていないと知らせることだ。俺はやりたいことをやっているだけなんだとね」と綴っていた。また、投稿された動画の1つの中ではウィズが「どうせ何も出来ないだろ。俺が言うことを聞かないからって牢屋にでも入れるっていうのか?」「どうせ何も出来ないんだよ。好きなことをいうだけ言えよ」と警察に言っている姿が収められていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop