アーノルド・シュワルツェネッガー、離婚届にまだサインしていない!?

アーノルド・シュワルツェネッガー(68)は離婚届にまだサインをしていないようだ。2011年6月に家政婦との間に隠し子がいることが発覚したことで妻マリア・シュライバーから離婚申請をされているシュワルツェネッガーだが、TMZによると正式な離婚手続きをまだ完了していない状態だという。マリアとの間に4人の子供を持つシュワルツェネッガーは以前、結婚生活の破たんが自身の人生における最大の失敗だと認めながらも、現在の状況には満足していると語っていた。「あれは僕個人としての最大の失敗だったよ。誰にも転落期というものはあると思うけど、これは特に大きかったね。でも僕はそこからまた這い上がる必要があったんだ。だって負け犬は倒れたままでいるけど、勝者とは立ち上がるものだからね」「僕も前に進んで『さぁ、どうやって心を癒して、またみんなで一緒になれるかな?』って考える必要があったんだ。今は自分の人生にすごく喜びを感じているよ」

またシュワルツェネッガーは子供たちとの良い関係を維持するためにマリアが協力してくれていることに感謝しているそうで、「マリアの助けがあって、子供たちの関係はすごく上手く行っているんだ」「うちの子供たちは文句なしで10点満点なんだ。すごく誇りに思っているよ。子供たちをとても愛しているよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop