キャリー・マリガンの娘の名前はエヴリン

キャリー・マリガンの生まれたばかりの娘の名前がエヴリンであることが分かった。2012年に結婚した夫マーカス・マムフォードとの間に3週間前に女児が誕生したキャリーだが、12日(月)に出演した『エンターテイメント・トゥナイト』の中でそのエヴリンという名前がぱっと思いついたものだと明かしている。

プライベートなことをほとんど明かすことがないキャリーとマーカスだが、第1子誕生の噂が先週あたりから飛び交っていたことでついに今週に入ってキャリーがその噂を認め、同番組の中でも「女の子よ」と興奮気味に話していた。

今年になってから妊娠こそ噂されていたキャリーであったが、先月にあるインタビューの中で「いつもお母さんになりたいと思っていたの。私は仕事も大好きだけど、人生における新しい章にワクワクしているの」と口にするまで妊娠の噂に対する明確なコメントはなかった。

キャリーは7日(水)にロンドンで開催されたBFIロンドン映画祭で出産後初めて公の場に姿を現し、サラ・ガブロン監督の新作『サフラジェット』の宣伝活動のため、主演のメリル・ストリープ、脚本家のアビ・モーガン、プロデューサーのアリソン・オーウェン、フェイ・フォードらと共に同イベントに参加していた。

記者会見の場では自身の赤ちゃんについては一切触れず、19世紀終わりから20世紀初頭にかけて行われていた女性参政権運動について描いた同作品には現代社会においても通ずるものがあると感じるとだけ語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop