テイラー・スウィフト、アメリカン・ ミュージック・アワード2015で6部門最多ノミネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テイラー・スウィフトがアメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)2015で最多ノミネートを果した。アーティスト・オブ・ザ・イヤー、『ブランク・スペース』で最優秀楽曲賞、ケンドリック・ラマーとタッグを組んだ『バッド・ブラッド』でコラボレーション・オブ・ザ・イヤーなど6部門に渡りノミネートされている。

続いてノミネート数が多かったのが5部門ノミネートとなったエド・シーランと『キャント・フィール・マイ・フェイス』でお馴染みのザ・ウィークエンドだ。両者ともテイラーと同じくアーティスト・オブ・ザ・イヤー部門受賞候補になっているが、同部門候補者陣は授賞式前までに一般投票で5組に絞り込まれることになっているため、ルーク・ブライアン、アリアナ・グランデ、マルーン5、ニッキー・ミナージュ、ワン・ダイレクション、サム・スミス、メーガン・トレイナーの強豪勢とその席を巡ってバトルを繰り広げることになる。

最優秀楽曲賞の部門では、マーク・ロンソンとブルーノ・マーズのコラボ曲『アップタウン・ファンク』とウィズ・カリファとチャーリー・プースの『シー・ユー・アゲイン』、エド・シーランの『シンキング・アウト・ラウド』の接戦が予想されている。

来月22日にロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催される同アワードでは、ジェニファー・ロペスが司会を務める予定だ。

昨年のアワードではテイラー、イギー・アゼリア、ロード、ワン・ダイレクション、ニッキー、ファイブ・セカンズ・オブ・サマー、サム、ジェニファーがパフォーマンスして会場を盛り上げ、ケイティ・ペリーが『ダーク・ホース』のシングル・オブ・ザ・イヤーを含む3部門で最多受賞を果たしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop