シンディ・ローパー、香水を買うためだけに来日していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンディ・ローパー(62)が香水を買うためだけに来日していたようだ。大の香水好きだというシンディは、お気に入りの香水がアメリカで廃盤となったことで海を越えて日本まで香水を買いに出かけたことがあるそうだ。もっとも贅沢な買い物はと聞かれたシンディは「香水よ。地元で廃盤になったら、たまに他の国に赴くこともあるのよ。日本に一回行ったわね」と答えた。

さらに、自分の気性はとても気難しいタイプだと認めているものの、自分がしてきたこととしている全てに感謝をするべきだとわかっているからこそ、そういう一面を抑えようと試みてはいるとグラッツィア誌に続ける。「私は元々の気性が嫌な女なの。気難しい年老いた女よ。あなたはそうはなってはだめ。私はそう学んだわ」「人生は本当に贈り物であって、周りの人全員を感謝するべき」

さらに、シンディは常に「おバカ」で「変わったことをする人」ってイメージを求められることに苛立ちを覚えるとも語った。「私に対する一番大きな誤解?それは、私がおバカってこと。いつも変なことをする人としてみられてきたわ」「1989年に上層部の1人がカトリーナ&ザ・ウェーブスみたいな格好をしないのかと言われたときに、レコード会社に抵抗しておけばよかったって後悔しているの」「『ここはもう私には合わない。さようなら』とでも言っておけばよかった」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop