レディー・ガガ、婚約者テイラー・キニーと初キスした際に平手打ちしていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディー・ガガ(29)は婚約者テイラー・キニー(35)と初めてキスした際に平手打ちをお見舞いしていたという。2人が2011年リリースのシングル『ユー・アンド・アイ』のミュージックビデオの初めて共演した際、テイラーは台本を無視してサプライズでガガにキスをしていたことをテイラー本人が『ウォッチ・ホワット・ハップンズ・ライブ』の出演時に語った。「僕が近づいて、2人でころがって、彼女にキスをしたんだ。彼女は予想していなかったよね」「カットがかかったところで、ガガが僕に平手打ちをしたんだ。ただ気まずかったね。でも、次のテイクでもキスしたんだ。その時はたたかれなかったね。よい時間を過ごしたよ」

こんな「気まずい」スタートだったにも関わらず、ガガとは初対面から「ケミストリー」を感じていたようで、その後間もなく交際をスタートさせたと続けた。「そこにはケミストリーがあったと思うよ。遅い時間の撮影だったよ。午前4時か5時くらいまでかかったかな。連絡先を交換して、数週間後も連絡を取り合っていて、そうなったんだ」

今年2月に晴れて婚約まで至った2人だが、まだ結婚式の内容は話をつめていないようで、日取りも未定だという。「僕らはとても忙しいからね。まだ1年も婚約していないよ。だから、ニューヨークかロサンゼルスにするかも決めてないし、日取りもまだだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop