イヴ・ヒューソン、『ロビン・フッド:オリジンズ』出演決定!

イヴ・ヒューソンが『ロビン・フッド:オリジンズ』にロビン・フッドの恋人マリアン役で出演することが決定した。オットー・バサースト監督がメガホンを取る同作品には『キングスマン』『レジェンド』などに出演しているタロン・エガートンがロビン・フッド役で登場することも決まっているとデッドラインが報じている。

ちなみに今回イヴが勝ち取ったこのマリアン役には当初ググ・バサ=ロー、ルーシー・フライ、ゲイト・ジャンセンらも候補に上がっていたようだ。

ガイ・リッチー監督の『ナイツ・オブ・ザ・ラウンドテーブル:キング・アーサー』の脚本を担当したジョビー・ハロルドが『ロビン・フッド:オリジンズ』の執筆を手掛けており、ロビン・フッドがクルセイトの戦いからシャーウッドの森に戻ってきたところ、森が堕落し始めていることに気づき、問題を解決していくための義賊集団を作り上げるというストーリーになるという。

制作会社アッピアン・ウェイを運営するレオナルド・ディカプリオがジェニファー・ダヴィッソン、脚本を担当したハロルド、トリー・トネル、バジル・イワーニックらと共にプロデュースを行う。

同作品の撮影はタロンの『キングスマン』続編撮影が終わり次第スタートすると見られている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop