オプラ・ウィンフリー、米ダイエット食品会社の株購入

米人気司会者オプラ・ウィンフリー(61)が米ダイエット食品会社ウェイト・ウォッチャーズの株を購入した。長年減量に奮闘しているオプラは、同社を多様性のある健康とフィットネスブランドへと発展させるために10パーセントの株を獲得したのだという。「この(ダイエット)プラグラムを本当に信頼しているの。この企業に投資してその発展のためにパートナーになることを決めたのよ」

金融情報サイトのマーケットウォッチによると、オプラは同社と少なくとも5年間は提携する見込みで、商品販売の手助けをしたり、プログラムの紹介をしたりすると同時にアドバイザーを務めたり、役員としてミーティングなどにも出席するという。

オプラは「ウェイト・ウォッチャーズは私を含む体重で悩んでいるたくさんの人達が夢見ている長期間続く変化を導くツールを私にもたらしてくれたの」と続ける。

同社の株価はオプラが役員になってからというもの2倍の値がついており、オプラはすでに4560万ドル(約55億円)の利益を得たことになる。順調にいけばオプラにはさらに5パーセントの株を購入する権利が与えられる一方で、同社と長期的な視点で関係を続けていくことを示す意味で最低2年間は持ち株を売却できない制限もついているようだ。

ウェイト・ウォッチャーズ社のジム・チャンバーズCEOは「我々の会話の中で、オプラの意向と我々の使命が非常に共通していることが明らかになりました。我々はオプラの持つ人々をつなげ、個人の最大限の可能性に気付かせる素晴らしい才能が、我々の強いコミュニティ、優れたコーチたち、実績のあるアプローチを独特なかたちで補足してくれると信じています」とオプラに期待を寄せた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop