ワン・ダイレクション、体調不良でベルファストのコンサートを急遽中止

ワン・ダイレクションが20日(火)、北アイルランドの首都ベルファストの公演をキャンセルした。公演開始ぎりぎりになって会場側の代理人が集まったファンたちにコンサート中止の旨を告げ、会場はショックの渦に包まれたようだ。中止理由はメンバーのリアム・ペインが公演直前に体調が崩れたことにあったようで、メンバーたちが次々とファンへの謝罪メッセージをツイートした。

ハリー・スタイルズは「今夜のベルファスト公演に集まってくれたみんなに心から謝罪しています。本当に残念だよ。でも残念ながらこういうことが起こるものなんだ。メンバーみんな、本当に申し訳ないと思っています」と謝罪し、ルイ・トムリンソンは「本当に今夜のことは申し訳なく思っています。どうしようもなかったんだ!リアムに沢山の愛を。そして理解を示してくれて本当にありがとう!」とリアムの回復を祈りながらファンにメッセージを送った。さらに、ナイル・ホーランも「みんな、今夜キャンセルせざるを得ない状況になって本当に申し訳ない。残念ながら、こういうことって起こってしまうんだよね...。今夜足を運んでくれたみんな、ありがとう!」と続いた。

また、同グループの広報担当サイモン・ジョーンズは、この急なキャンセル劇についてこう説明している。「リアムが急に体調を崩し、コンサートは残念ながら行われないことになりました。チケットをそのままお持ちいただき、新たな情報が明日発表される予定です。ワン・ダイレクションはファンに謝罪の意を示しており、リアムのできるだけ早い回復を願っています」

リアムは先週ロンドンで行われたアティテュード・アワードの授賞式も体調不良を理由に直前で欠席することを決めていただけに体調が心配されるところだが、現時点ではリアムの病状については明らかになっていない。とはいえ、コンサートプロモーターのエイキン・プロモーション側は「今夜のコンサートはリアムの体調が優れず、キャンセルとなりました。その病状は深刻なものではなく、今夜パフォーマンスするのは難しいということです」とコメントしており、リアムの症状が深刻なものではないことを明かした。

ワン・ダイレクションは来年3月からの活動休止までに「オン・ザ・ロード・アゲイン・ツアー」の一環で残り7公演を行う予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop