ジェニファー・コネリー、整形の可能性を完全否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェニファー・コネリーが絶対に整形手術を受けることはないと宣言した。現在44歳のジェニファーは、自分の歴史を顔から消すようなことはしたくないため、ハリウッドのプレッシャーには屈しないそうだ。「若さこそが美しいとされているけど、それってすごく悲しいことよね。年上の女性の美しさや自分自身にもそれを受け入れている人はたくさんいるのに残念なことだわ」とモア誌11月号でジェニファーは語る。

その一方で若さを保つために整形の道を選んだ人たちについて批判するつもりもないとしており、「時間に限りがあって、努力が必要なことだっていうのは避けられないわ。レディオヘッドの『フェイク・プラスチック・ツリーズ』っていう曲が大好きなの。そこでは『彼は80年代に女の子たちに手術をやっていたけど、重力がいつも勝つんだ』って歌われているの。それって間違いなく私が自分自身に言い聞かせていることだわ。でも全ての女性はそれぞれ自分の道を選ぶべきだから批判するつもりもないの。ただ私にとっては本人そのものを見ることの方が美しいことってだけよ」と続けた。

ジェニファーの夫ポール・ベタニーもまた、ジェニファーが見かけにあまり気を使わないタイプだと認めており、「ジェニファーは自然に美しいけど、そこに何も費やしてはいないんだ。うちの2人の息子の方がジェニファーよりも朝バスルームで費やす時間が長いくらいだからね。魅力的でいなきゃいけないというプレッシャーを彼女は感じたことがないんだ」と私生活での様子を明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop