ドリュー・バリモア、娘たちは18歳になるまで女優業を禁止!

ドリュー・バリモア(40)は少なくとも18歳になるまでは子供たちを芸能界入りさせないつもりだそうだ。若干7歳にして『E.T.』に出演し、一躍有名になったドリューだが、現在3歳と1歳半の娘たちには成人するまで同じ道を歩ませたくないそうだ。娘たちが女優を志望したら応援するかと尋ねられた際、ドリューは「100パーセントね。でも小さい頃はだめ!ちょっとでもだめ。18歳になるまではね。バカらしく聞こえるのは分かっているけど、娘たちには子供らしく育って欲しいの。だからと言って私がすごく大好きなことを卑下するつもりもないわ!」と答えた。

子役の頃から仕事の依頼が絶えなかったドリューだが、そこから学んだことは多かったため、夫ウィル・コペルマンとの2人の娘たちにもその教えを受け継いで欲しいと考えているそうでPEOPLE.comに「みんな『子供たちが俳優になること許しますか?』って変なかたちで聞いてくるけど、私は『何を言おうとしているの?俳優業ってそんなにひどいもの?』って気分になるわ」「素晴らしい仕事なんだからもちろん応援するわ!ただ子供らしさを失っちゃだめってこと」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop