ダニエル・クレイグ、ジェームズ・ボンドの契約は『007 スペクター』で満了

ダニエル・クレイグ(47)は『007 スペクター』で出演契約が満了するようだ。同人気シリーズ最新作でも主役のジェームズ・ボンド役を演じているダニエルだが、契約は今回で満了するため今後のシリーズに続投するかどうかはダニエルが決定することになるという。2006年の『007 カジノ・ロワイヤル』以来ボンド役を演じてきているダニエルは「いつでも心変わりしても良い権利を持っているんだ。だから8か月かかった撮影が終わった2日後に『もう1作やるつもりがある?』なんて言われると、心にもないことを言っちゃったりするわけさ」と語った。

またボンドを演じるくらいなら「手首を切った方がマシ」と発言したことで批判が集まったダニエルだが、それがまさに当時の自分の気持ちであったとして、それに対して非難されたことなど気にしないと当時を振り返った。「当時はそういう気分だったし、俺は自分の頭にあることしか言わないよ。これまでもずっとそうだったしね。でもさっき言った通り、俺には心変わりをする権利があるんだ」「俺はネットを見たりしないよ。ゴシップなんかに耳は貸さないし、気にしないんだ。これが俺の仕事だし、考えているのは仕事のことだけだよ」と続けている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop