『アントマン』続編、ペイトン・リードが監督続投か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペイトン・リード監督が『アントマン』続編のメガホンを再び取る可能性が出てきた。マーベル・スタジオの2015年作『アントマン』の続編となる『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』に向けてリード監督が契約交渉に入っているとザ・ハリウッド・レポーターが報じている。

先日マーベルが続編製作の発表を行う前にもリード監督は再びメガホンを取ることに意欲を見せており「もし続編や前編を作ることが出来るのなら、僕は参加したいね」「この作品のキャラクターたちに僕はすっかり心を奪われているんだ。コミックブックのキャラクターたちの事が昔からずっと大好きだったけどヘンリー・ハンク・ピムのことについてはもっと語るべきストーリーがあるんだよ」と語っていた。

ポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリーが同続編に再び出演することが明らかになっているものの、他の共演者たちが登場するかは分かっていない。

『アントマン・アンド・ザ・ワスプ』は2018年7月公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop