ケイト・ウィンスレット、自身の写真修整を禁止!

ケイト・ウィンスレット(40)は自分の写真が修正されるのが嫌いだそうだ。ケイトは一定の見かけのために出版側が写真に修正を入れることにとても苛立ちを感じるそうで、自身に若い世代の女性達への責任があると感じていることから、ある広告キャンペーンにおいては会社側に修正を禁止したこともあるという。ケイトはE!ニュースに「私は自分のことについてしか言わないし、自分にとって重要なことしかするつもりはないわ。そして他の人も同じようにしてくれることを願うけど、私は若い世代の女性達への責任感があると感じているから自分にとってとても重要なことだと思うの」「みんな人は雑誌を見て、それぞれの分野で成功を収めた尊敬する女性たちを見たいと思うし、私はその世代の人たちにありのままの私を伝えたいわ。だって力強いリーダーが必要でしょ。力強い若い女性たちを育てる責任が私達全員にはあるのだから、こういうことって私にはとても重要なの」と語った。

そんなケイトは以前、ハイになったように見えるくらいならよっぽど老けて見えたほうが良いとも発言しており、「けっこう目立つしわがあるの。それで映画のポスターを見る時にはとくにそこについて『あなたたち私のおでこに修正入れたわね。元に戻してくれる?』って言うの」「だって女性達に『彼女ってハイになってるわね』って言われるよりも『彼女って老けて見えるわね』って言われる方がマシだもの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop