英ウィリアム王子、キャサリン妃夫妻が『007』最新作プレミアに出席

英ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が26日(月)にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われた『007 スペクター』のプレミア試写会に出席した。夫妻は弟ヘンリー王子と共にダニエル・クレイグやモニカ・ベルッチ、レア・セドゥらキャストと会話を交わした。

キャサリン妃はこの日、ジェニー・ペッカムのデザインによる薄いブルーの透け感のあるロングドレスを着用しており、背中部分が少し空いた長袖のスタイルにクリスタルが散りばめられたベルトとジミーチュウのサンダルを合わせた。髪の毛はエレガントなアップにし、耳元は母キャロル・ミドルトンさんが以前に着用していたものと似たロビンソン・ペラムにイヤリング、そしてドレスと同じくジェニー・ペッカムのクラッチバッグでコーディネートしていた。

今回の試写会は、イギリスの映画産業およびテレビ産業のスタッフを支えるザ・シネマ・アンド・テレビジョン・ベネヴォレント・ファンド支援として毎年開催されるCTBFロイヤル・フィルム・パフォーマンスの一環として行われたもので、会場内で王室の3人は『007 スペクター』のサム・メンデス監督をはじめ、バーバラ・ブロッコリやマイケル・ウィルソンらプロデューサー陣とあいさつを交わしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop