リタ・オラ、 トラヴィス・バーカーとまだ交際中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピード破局したと報じられていたリタ・オラ(24)とトラヴィス・バーカー(39)がいまだにビデオ・メッセージを送り合っている仲だという。ブリンク182のドラムを担当するトラヴィスが真剣な交際に興味がないことからロマンスに発展しなかったとみられていた2人だが、世界を駆け回るスケジュールの中でもアプリ「フェイスタイム」を駆使して連絡を取り合っている模様だと関係者の1人がヒート誌に明らかにした。「2人の間では全てが順調です。ですが、数週間のクレイジーなロマンスの後は、ゆっくりとお互いを知っていきたいようです」「トラヴィスとリタはフェイスタイムを使ってラブラブなメッセージを送っていますよ。今後数か月持てば、長期的な交際になるでしょう」と話す。

そんな中、2人の子供までもうけトラヴィスと破局した妻シャナ・モークラーは盛り上がる2人の関係をあまり良く思っていないようで、ただの売名行為だとまで思っているようだ。

2人は先月20日にロサンゼルスで開催されたパワー106オールスター・バスケットボール・ゲームで出会ったことがきっかけで急接近しており、トラヴィスはリタとの出会いのエピソードについて「タイガとキッド・インクと一緒にパフォーマンスしたんだ。リタと俺はただすれ違うかたちで会ったんだけど、ウィリーTっていう共通の友人がいて、奴が『リタと一緒に写真撮れよ』って言ってきたんだよ。だから、俺は『わかったよ』って感じだったんだ」「俺らはただ一緒に写真を撮っただけだったけど、そりゃリタは素敵で、最高だったよ」と話すとともに、リタが素敵なユーモアのセンスを持ち会わせており、すぐに惹かれたこともオープンにしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop