ハル・ベリー、オリヴィエ・マルティネスとの離婚申請書類を再度提出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハル・ベリーがオリヴィエ・マルティネスとの離婚申請書類を再度提出したようだ。今週27日(火)に2年間の結婚生活に終止符を打ったことを発表したハルとオリヴィエだが、ハルは26日(月)に裁判所に提出した最初の書類の中で偽名を使っていたことや、また裁判書類を直接オリヴィエに渡したことなどがカルフォルニアの法律上却下される可能性が出てきたため再提出を行ったとみられている。

オリヴィエ側も27日(火)に裁判所に書類を提出したように、ハルも再提出しなければならなくなった理由は明らかではないが、ハルの書類では2人の氏名が掲載されているとTMZ.comは報じている。

ある関係者はハルがこの破局にとても傷ついているとピープル誌に語っており「ハルはとても悲しんでいます。簡単な事ではないですからね」「オリヴィエは怒りをコントロールすることに対して問題を抱えています。もう長い間この問題を抱えていますし、ハルはこれ以上受け入れられないと思ったのでしょう」と実情を明かしている。

さらに同関係者はオリヴィエがハルに抑圧されていたとも話しており「ハルの美しさやパワーによってオリヴィエはかなり弱い立場にいました。そして彼の我慢の限界が来てしまったようですね」と続けた。

ハルはオリヴィエとの間にもうけた息子マセオちゃん(2)の共同親権を求めているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop