マイケル・ジャクソン、死後最も稼いだ有名人に3年連続選出!

マイケル・ジャクソンが米フォーブス誌の死後最も稼いだ有名人に3年連続で輝いた。2009年にこの世を去ってからマイケルは累計6億5300万ポンド(約1200億円)を稼ぎ出しているが、過去12か月にいたっては7500万ポンド(約138億円)の稼ぎとなっており、マイケルが半分の持ち株を保持していたソニーATVミュージックパブリッシングやシルク・ドゥ・ソレイユの2つのショーからの収益が大きな収入源となっている。

とはいえ、昨年の9000万ポンド(約166億円)の収入に比べると今年は控えめな結果となっているうえ、マイケルが亡くなった際には3億9200万ポンド(約7220億円)の借金を抱えていたのも事実だ。

続いて同長者番付の2位についたのはエルヴィス・プレスリーで、主に音楽作品のセールスやグレースランドの自宅への入場料などから3600万ポンド(約66億円)を稼いでいる。

そのほか3位には2600万ポンド(約48億円)でスヌーピーの作者チャールズ・シュルツ、4位には1400万ポンド(約26億円)でボブ・マーリーがランクインし、エリザベス・テイラーが1300万ポンド(約24億円)トップ5を締めくくっている。

米フォーブス誌による死後最も稼いだセレブ長者番付2015:

1. マイケル・ジャクソン

2. エルヴィス・プレスリー

3. チャールズ・シュルツ

4. ボブ・マーリー

5. エリザベス・テイラー

6.マリリン・モンロー

7.ジョン・レノン

8. アルベルト・アインシュタイン

9.ポール・ウォーカー

10. ベティ・ペイジ

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop