夢遊病の女性が14キロ歩く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある女性が寝ている間に14キロも歩いたようだ。コロラド州アバーダに住むテイラー・ギャンメルさんは自宅から姿を消し両親を心配させてしまったようだが、本人は眠ったまま町を歩き回りその記憶さえないのだという。 

ジェファーソン郡保安局の職員はテイラーさんについて「テイラーさんは靴を履いていませんでした。電話も、お金も、財布も何にも持っていませんでした。起きあがり、家の外へ出たようです」「バスに乗ったりした記憶もなかったようで、お金は持っていませんでした」と説明する。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop