サンドラ・ブロック、女性版『オーシャンズ11』出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンドラ・ブロックが女性版『オーシャンズ11』に出演する。フランク・シナトラが主役を務めた1960年作『オーシャンと十一人の仲間』のリメイク版としてジョージ・クルーニーが主人公として登場した『オーシャンズ11』が2001年に公開されたのだが、今回のリブート版は女性が主役のストーリーとして生まれ変わるようだ。ザ・プレイリストによるとこの新作ではオリヴィア・ミルチが脚本を担当し、『ハンガー・ゲーム』第1弾のゲイリー・ロス監督がメガホンを取ることになるという。ちなみにロス監督は現在『ザ・フリー・ステイト・オブ・ジョーンズ』の撮影に忙しくしており、その撮影が終了次第同作品の制作をスタートするとみられている。

今年7月に亡くなったハリウッド界の大物プロデューサーであるジェリー・ワイントローブ、「オーシャンズ」シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督、そしてジョージ・クルーニーもこの新たなリブート版の制作に携わっていたようだ。

今回期待高まるこのリブート版への出演が決まったサンドラとジョージは昔からの友人で2013年には『ゼロ・グラビティ』、新作映画『アワー・ブランド・イズ・クライシス』でも共演している。『アワー・ブランド・イズ・クライシス』はジョージがプロデュースを担当しており、サンドラが同作品に出演することを決めたことはジョージにとって助けになったそうだ。あるインタビューの中でジョージは、サンドラが同作品に出演したいと連絡をくれるまでは制作が難航していたと明かし「サンドラが出演したいと電話をくれた時点では彼女の役は男として描かれていたんだ。でもこの映画は制作されることになったよ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop