リース・ウィザースプーン、アメリカン・シネマティック・アワードを受賞

リース・ウィザースプーンが先月30日、アメリカン・シネマティック・アワードを受賞した。リースはこの栄誉を受賞した際、3歳の息子テネシー君をもうけている夫ジム・トスを自身の一番のファンで最高のチャンピオンだと称賛し、子供たちには世界をまたにかける仕事をさせてくれることに感謝した。ジムについては「私の一番のファンで最高のチャンピオンです。彼なしでは山を登ることも新しい会社を始めることも、3人の素晴らしい子供たちを育てることもできなかったでしょう」と話し、子供たちについては「私の素晴らしい子供たち、アヴァとディーコンはここに来ています。テネシーは眠っていることを願いますが、あの子は眠らないんですよね。でもママが荷物をまとめてロケに行く時にママにサヨナラをしなくてはいけない時や、ジョージアやルイジアナ、ロンドンなどの遠い撮影現場にいるために学校の旅行や特別行事に参加できないことを理解してくれるとにただお礼を言いたいです」「私の魂をクリエイティブにさせてくれる、そしていつの日かあなたの魂の糧になること、そしてあなた達の子供にも一生懸命仕事することや創造性の大切さを教えることになることを願っているこの仕事を私が愛していることを理解してくれて、私が世界のどこにいようともあなた達が私のそばにいてくれていると分かっていること。あなたが想像できる以上に私はあなた達を愛しているわ」と感情のこもったスピーチをした。

さらにリースは「応援してくれる素晴らしい家族がいなければ、この業界にいることはできませんが、私には最高に素晴らしい家族がいるのです」と家族を称賛した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop