マライア・キャリー、新恋人と元夫とハロウィーンを過ごす

マライア・キャリーがハロウィーンを恋人のジェームズ・パッカーと元夫ニック・キャノンと共に過ごしたようだ。マライアは31日(土)のハロウィーンを4歳の双子の子供たちに楽しんでもらおうとAirbnbを通じてビバリーヒルズにある1500万ドル(約18億円)相当の豪邸を借りてパーティーを開き、恋人のジェームズだけでなく子供たちの父親であるニックも招待したのだという。ある関係者はE!ニュースに「マライアとニックは上手く行っていますし、お互いにとても仲良くしています」と語る。

マライアがレザーのドレスにお揃いの手袋、ジェームズがオペラ座の怪人風に仮装していたそのパーティーでは、トレーシー・エドモンズやジェフ・ビーチャーら大人と子供の招待客達に対して美味しい食事が振る舞われたそうだ。

パーティー開始前にはバットマンとバットガールの格好をしたモロッカン君とモンローちゃんとゾンビの仮装をしたニックが一緒に写った写真をソーシャルメディアに投稿しており「モロッカンとモンローは今年のハロウィーンは激しく行くぜ!バットガールとバットマンだ。バットマンはキャンディーいっぱいのバッグを持って逃げた!!」とキャプションを付けていた。

以前にもニックがマライアの新しいロマンスを応援していると報じられており、関係者の1人は「ニックは私生活においてとても上手く行っていますし、とにかくマライアには幸せになって欲しいんです」「ニックは子供たちが安心できる状況にいる限りは、マライアが決めたことを応援していくつもりです」「マライアがニックの生活からいなくなることはありませんし、それはこれからも変わりません。マライアが仕事と恋愛において良好な人生を送っていることが幸せなんです」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop