コールドプレイ、来月ニューアルバムをリリースか?

コールドプレイが来月4日に新譜をリリースすることをほのめかした。最近フロントマンのクリス・マーティンが公演の際に着ていた服にも見られたカラフルな記号に、「12月4日」と日付を添えたポスターが先週ロンドン市内に続々とお目見えしていたが、今回同バンドは通算7枚目となるスタジオアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームス』のジャケットデザインとみられているそのロゴをソーシャルネットワーク上に投稿することで、この秘密めいたキャンペーンの裏にコールドプレイの存在があることを認めるかたちとなった。

同バンドは、新作の詳細については明らかにしていないものの、9月にニューヨークで開かれたグローバル・シチズン・フェスティバルの席でニューシングル『アメイジング・デイ』を披露しており、同曲はニューアルバムに収録されることになるとプロデューサーのリク・シンプソンが認めていた。

ニューアルバムの制作が発表された昨年12月には、クリスはこの作品がバンドの「完成形」になると発言したことで、ファーストアルバム『パラシューツ』でデビューを飾って以来15年間活動してきた同バンドが遂に解散するかもしれないと噂が巻き起こっていた。クリスは当初「これは誰にも言っていないのだけど、『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームス』というアルバムを制作しているんだ。今まさにその真っ最中だよ」「これは俺たちにとって7作目になるんだけど、それを『ハリー・ポッター』の最終作みたいなもんだと捉えているんだ」「また違うことに直面することになるかもしれないのはいうまでもないけど、このアルバムは何かの完成なんだ」「これが俺たちの最後の作品と見ているけど、そうでもしないと全てを注ぎこもうと出来ないからね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop