マーク・ウォールバーグ主演のリメイク版『600万ドルの男』、2017年12月公開へ!

マーク・ウォールバーグ主演で贈るリメイク版『600万ドルの男』の公開予定日が2017年12月に決定した。マークはザ・ハリウッド・レポーターのインタビューの中で1970年代に人気を博した同ドラマのリメイク作品『ザ・シックス・ビリオン・ドラー・マン』の撮影が来年9月からスタートすることなども明らかにし、「『ザ・シックス・ビリオン・ドラー・マン』の映画制作に参加できるなんてワクワクしているよ。この21世紀に同作品の主役であるスティーブ・オースティンを創り出すことを楽しみにしているところさ」とコメントしている。

当初ピーター・バーグ監督が同作品のメガホンを取る予定だったのだが降板が決まったため、代役としてこの作品の脚本を手掛けたダミアン・ジフロンが監督を務めることになっている。プロデュースを務めるTWC-ディメンションのボブ・ウェイスティン会長は「クリスマスシーズンに観客たちに向けて文化的アイコンであるキャラクターの大きく生まれ変わった姿を披露できることを楽しみにしています」と話している。

マークは同作品の中でテスト飛行中に大怪我を負うも600万ドルの費用をかけ左目、強靭な力とスピードを誇る両足を人工的に強化した元宇宙飛行士の人造人間スティーブ・オースティン役を演じる。ずば抜けた能力を使いスティーブは科学情報収集事務所でスパイとして活躍するというストーリーになっているようだ。

今のところマーク以外の出演者陣は明らかになっていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop