オアシスのドキュメンタリーが制作へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オアシスの軌跡に迫ったドキュメンタリーが制作されるようだ。故エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー『エイミー』のプロデューサーを務めたジェームス・ゲイ・リースは監督のマット・ホワイトクロスとタッグを組み、ノエル・ギャラガーが1991年に弟リアムのバンドに参加したところから物語を描き出すつもりだという。

このドキュメンタリーでは、いまだに英デビューアルバム史上最速のセールスを誇るデビューアルバムとなっているオアシスのファーストアルバム『オアシス』のリリースや、20公演に向けて260万人のファンがチケットに殺到した1996年のネブワース・ハウスのライブに向けて名声を得ていくバンドの姿が語られることになると見られている。

そんなドキュメンタリー作が制作される予定ではあるものの、バンドの再結成については見込みがないようで、先日にはノエルがグラストンベリー・フェスティバルのギャラが低いとして同フェスへの出演はないとコメントしていた。その際ノエルは「なんでグラストンベリーの話がずっと出てくるのか分からないよ。俺たちがやるかって?あそこは残念ながら十分なお金を払ってくれないもんでね。それが結論さ。ギャラが足りないんだ。何回かやったから、どんなギャラか分かっているし、それじゃ足りないんだ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop