ニコール・キッドマン、『ワンダーウーマン』出演へ?

ニコール・キッドマンが新作『ワンダーウーマン』への出演交渉を行っていると報じられている。ニコールはガル・ガドットとクリス・パインが出演するDCコミックの同新作映画の中で「高位のアマゾン族」役に向けて話し合いを進めているとザ・ラップは報じている。この作品はベン・アフレックとヘンリー・カヴィル主演の新作『バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス』で初登場する予定のガル演じるワンダーウーマンのソロデビュー作となる予定となっている。

そんな話題作への出演が囁かれるニコールだが、先日には9年前に家族と共にナッシュビルに引っ越して以来、ハリウッドの生活が恋しくなったことはないと明かしていた。「私がハリウッドの生活を恋しく思うことは間違いなくないわ。とはいっても、そんなライフスタイルの一部になっていたこともないと思うのよね。ドレスを着てレッドカーペットに立ったりは今でもしているし、その時こそ色々な人と話をして、知り合える機会だと思うの」「もし名声にこだわるんだったら全く違う話だけどね。私にとってはそれって仕事についてくるほぼお荷物のような存在なの。文句を言っているわけではなくて、それが仕事の一部であって、そのことによって私が好きなことが出来ているのだと思っているわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop