手術後に帰宅したら住居が誤って取り壊されていた事件が発生!

アメリカで年配男性が手術を終えて帰宅したところ、自宅がなんと取り壊されてしまっていたという事件が起きたようだ。手術のために昨年12月から自宅をあけていたこの69歳の男性が帰宅したところ、自宅が跡形もなく消えていてしまったというこの男性は「私の所持品、むしろ持っていたものはすべてなくなってしまいました。手術を受けに家を出て、帰ってきたらすべてがなくなっていたなんて誰も思いもしないですよね」とその驚きを語っている。

この男性の家は近隣住民が保存状態が悪いと地域行政に苦情を出したことで、取り壊しに至っていたそうで、この男性は「私は憤慨していますよ。こんなことが出来るなんておかしいです。これは予防できたことでした。これは理にかなっていませんし、私にとってはとんでもない損失です」とその怒りを露わにした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop