ジェームズ・フランコのバンドがレコード契約を交わす

ジェームズ・フランコのバンドがレコード契約を交わした。多楽器奏者のティム・オキーフらとジェームズが結成したバンド、ダディがコバルト社と契約を交わし、ザ・スミス風のアルバムと映画を2016年にリリースすることになった。ジェームズとティムはこのニュースについて「僕たちはダディの新作アルバムと映画に向けてコバルトと提携したことにとても感激しています」「コバルトは僕達のようなユニークなプロジェクトに対して前向きなアプローチを取るコバルトは、僕達が音楽という域に留まらず、映画や芸術分野、そしてそれを超えた独立した活動をするのに最適な存在です」とコメントしている。

ザ・スミスの1984年作『プリーズ、プリーズ、プリーズ、レット・ミー・ゲット・ホワット・アイ・ウォント』にかけて『レット・ミー・ゲット・ホワット・アイ・ウォント』というタイトルになるというダディのニューアルバムでは、ザ・スミスのベーシストであるアンディ・ルークが全曲に参加している。

ジェームズはこれまでザ・スミスの影響を受けた詩の数々を執筆してきており、それがダディの音源の基盤となるようだ。そして映画は、各曲のミュージックビデオをまとめて1本の芸術作品とするかたちになるという。

ジェームズは以前にもザ・スミスのフロントマンであるモリッシーが自身の創造性の源であると称賛してこう語っていた。「ザ・スミスの曲は詩や音調、状況においてアイデアを与えてくれるんだ」「もともとは(音楽という)1つの媒体をもう1つの(詩という)媒体に影響を与えるためにこのシークエンスを書いたんだ・・・でもそのシークエンスが出来て見たら、ティムと一緒にさらに進めて、曲からアイデアを得た詩がオリジナルの曲になったんだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop