ステラ・マッカートニー、女性に対する暴力撤廃のためにブローチをデザイン!

ステラ・マッカートニー(44)が女性への暴力撤廃に対する資金集めのためにブローチをデザインした。ケリング社による4年目となる「ホワイト・リボン・フォー・ウィメン」キャンペーンの一環で、限定のブローチを手掛けたステラは、同キャンペーンに参加した想いを語っている。「統計によれば、世界の3人に1人の女性が暴力を振るわれ、セックスを強いられる、そうでなければ生活の中で虐待されているそうです」「これは恐ろしい事実であり、そのことが私を女性に対する暴力を根絶するための啓蒙活動に参加させる動機となりました。これらの事実を人々が認知すること...そしてそれらの女性たちが沈黙を破る勇気を持つことを支援することがどれだけ大事なことか強調しすぎてもしきれません」

計12万5000個にも及ぶステラのブローチは、グッチ、バレンシアガ、アレキサンダー・マックイーンなどトップブランドを含むケリング社が保有する41か国もの店舗に配布され、この取り組みは7日(土)にローンチから25日(水)の女性に対する暴力撤廃の国際デーまで続く予定だ。

さらに、同キャンペーンは昨年、サラ・ジェシカ・パーカー、アレクサ・チャン、ブラッドリー・クーパー、キャメロン・ディアスなどがツイッターやインスタグラムで協力したことで成功を収めており、今年もハッシュタグ「#BeHerVoice」を使用したソーシャルメディアでのキャンペーン展開が行われる予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop