エミリー・サンデー、ノーティ・ボーイと再びスタジオ入り

エミリー・サンデーが自身のニューアルバム制作のためにノーティ・ボーイと再びスタジオ入りを果たした。音楽プロデューサーのノーティ・ボーイは、2012年リリースの大ヒットデビューアルバム『アワ・ヴァージョン・オブ・イベンツ』に続くスタジオアルバムに収録する曲に取り掛かっているようで、2人が今後数か月でアルバムを完成させるような発言をツイッターでしている。「スタジオに帰ってきたよ...調理してやるよ...エミリー・サンデー、夏は終わり、僕の冬がやってきた」

エミリーのデビューアルバムでほぼ全ての収録曲をプロデュースしたノーティ・ボーイは、エミリーの音楽キャリアの初期からコラボしてきた経緯があり、これまでずっと新曲におけるメインプロデューサーを務めてきた。

年内にはリリースを予定していたセカンドアルバムだったが、今月20日にいよいよ発売のアデルの第3作目となるカムバックアルバムとリリース時期をずらすために、延期することを決定しており、そうすることかえって2人はアルバムの完成度をさらに高くする時間を得た模様だ。ノーティ・ボーイは当初延期の理由について「(アデルとエミリーは)かち合うことはできないよ。誰もそんなこと望んでいない。アデルのアルバムがリリースされるし、レーベルがそのスケジュールを開けているんだ。それが全てを持っていくことを彼らは知っているからね。エミリーのアルバムは来年のリリースを予定しているよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop