マニック・ストリート・プリーチャーズ、『エヴリシング・マスト・ゴー』発売20周年記念を盛大にお祝い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マニック・ストリート・プリーチャーズは1996年発売のアルバム『エヴリシング・マスト・ゴー』の20周年記念に盛大なコンサートを行う。『デザイン・フォー・ライフ』や『ケビン・カーター』などのヒットシングルを含むこのアルバムは発売当初同バンドにとって初の大ヒットアルバムとなり、そのアルバムの発売20周年を記念して来年5月28日にイギリスのサッカーチームであるスウォンジー・シティーのリバティ・スタジアムでパフォーマンスを行うことが決定したのだ。

同バンドのフロントマン、ジェームズ・ディーン・ブラッドフィールドは、1994年発売の『ザ・ホーリー・バイブル』の20周年記念を祝い昨年12月に開催したコンサートが大成功を収めたことを受け、ベーシストのニッキー・ワイアーが今回の企画を提案してきたとウェールズ・オンラインに明かしている。「これはニッキーのアイデアなんだ。この決断に迷いはなかったよ。音楽的にステージに飛び出して曲を披露することは僕らにとって難しくないことだからね」「去年僕らは『ザ・ホーリー・バイブル』の記念コンサートをとても楽しんだんだけど、曲を演奏するということだけで言うと、演奏するのがここ20年間でもっと難しく、もっと問題が出てきているね。体力的にこういう音楽を演奏するのは痛烈な経験だからさ」「でも『エヴリシング・マスト・ゴー』はとても簡単に息をすることが出来るんだ。このアルバムは流れを持っていて、もっと温かくて人間味のあるものだからね」

現在同バンドはBAFTAアワードの受賞歴を持つキーラン・エヴァンス監督とともにコンサートのためのヴィジュアル作りを行っているところだそうだ。

『エヴリシング・マスト・ゴー』の大ヒットはジェームズにとって素晴らしい経験ではあったものの1995年、バンドメンバーであったリッチー・エドワーズが失踪しその後見つかることはなかったことから辛い時期でもあったと語っている。「『エヴリシング・マスト・ゴー』をリリースしたとき、僕らのバンドはみんなに受け入れられるようなバンドになっていたんだ。非常に大きな達成だったよね。『ザ・ホーリー・バイブル』の時はみんなにうけれられているって感じではなかったからね」「カルト的人気を持ったバンドから2万人の人々が僕に歌い返してくれるようなそんな経験をさせてくれたアルバムだったんだ。衝撃を受けたし、完全に新しい経験だったよ。その反面ほろ苦い経験でもあったよ。4人だったバンドメンバーが3人になってしまっていたからね。でも僕らは違う形のバンドとしてお互いに助け合うことが出来るって確認できたんだ」

発売20周年を記念して来年5月28日にイギリスのサッカーチームであるスウォンジー・シティーのリバティ・スタジアムで行われるコンサートのチケットは今週13日(金)から発売となる。詳しい情報はwww.manicstreetpreachers.comで確認できる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop