リアーナ効果でプーマの売り上げ急上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアーナ効果でプーマの売り上げが急上昇しているようだ。今年プーマとリアーナがスニーカー「スウェード・クリーパー」を展開するために提携していたが、ここ数か月で巨額の利益を出し大きな成果が見られているという。

同シリーズのモデルとして活躍するだけでなく、リアーナは昨年にプーマの新クリエイティブ・ディレクターに就任しており、同ブランドの陸上選手のウサイン・ボルトやマリオ・バロッテリらとともにグローバル・アンバサダーも務めている。

プーマはリアーナをクリエイティブ・ディレクターに迎えた際に「(リアーナは)プーマと協力してデザインしたり、典型的なプーマのスタイルをカスタマイズすると共に我社の商品に新たなスタイルを創作する予定です」と話していた。

さらに同社のビヨン・グルデンCEOは「リアーナとの契約は、プーマにとって素晴らしいステップです」「リアーナの世界的な評判と、カリスマ、個性、志などすべてが我がブランドの完璧な親善大使の要素といえます。サッカー、ランニング、モータースポーツとの深い関わりを兼ね備え、女性のトレーニングの顔となるようなパートナーを探すことがとても重要でした」と話していた。

そんなリアーナはこれまでにもファッション界で活躍しており、2011年にはアルマー二に向けてアンダーウェアとジーンズのコレクションを手掛け、イギリス発のハイストリートブランドのリバー・アイランドとタッグを組んで洋服ラインを展開している。そのほか、レディース向けの香水を4つ、メンズ向けのフレグランス「ローグ・マン」やメイクアップの2ラインもプロデュースしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop