ダニエル・ラドクリフ、ライオンとの撮影は命がけだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・ラドクリフが新作の撮影で命がけでライオンたちと共演したそうだ。ジェームズ・マカヴォイらと出演している新作『ヴィクター・フランケンシュタイン』のあるシーンの撮影で、ライオンに危うく本当に襲われるところだったエピソードをダニエルが明かした。フランケンシュタイン博士の助手でせむし男のイーゴル役を演じているダニエルは、サーカス団とのシーンでせむしのポジションをとった途端に2匹のライオンが後をつけてき始めたようで、「ライオンたちが下に下りてきたんだ。調教師たちと話したら、『そうだね、ライオンたちは君が危険な動物と判断したみたいだね。君を襲うつもりだたよ』って言ったから、もう、『ライオンって最悪だ』って感じだったよ」とそのときの様子をニューヨーク・ポスト紙に語った。

そんな中、ダニエルは悪いイメージをもたれがちなものの、初対面の人から実際会うとそんなに悪い奴ではないと驚かれると以前明かしていた。人気シリーズ「ハリー・ポッター」で11歳の頃から主演を務めていたダニエルは、ほかの元子役スター達より自分は落ち着いていると思っているようで、「初めてポッター以外の映画にでたのは(2007年作)『ディセンバー・ボーイズ』だったんだけど、そこでメイクとヘアのスタッフの1人と友達になったんだ。数週間経ってから『正直な話、僕にどんなイメージを持ってた?』って聞いたら『もっと嫌な奴だと思ったよ』って言われたよ。それが子役スターに抱かれるイメージだからね。だから僕もとんでもなく嫌な奴だろうって思うみたいなんだ。でも僕はそうでないから、いつもそれが功を奏するんだよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop