ニコール・シャージンガー、来月からニューアルバムに着手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコール・シャージンガーが来月からニューアルバムの制作に取り掛かるようだ。かつてはプッシーキャット・ドールズとして活躍したニコールは、自身のサードアルバムに着手したいと意欲的であるものの、「最高水準」のものを届けることを目指しているためにリリースまでには時間がかかるだろうと予想している。「12月にニューアルバムのためにスタジオ入りする予定なの。本当に最高水準のものにしたいのよ。流行のものにはしたくないの」

昨年リリースされたニコールのセカンドアルバム『ビッグ・ファット・ライ』は英チャートでは最高17位に留まり、売上も思ったほど伸びず、この結果を受けて所属していたRCAレコーズを去ることになったともいわれていた。当時関係者の1人は「ニコールがリリースする際に、ヒットに必要な支援を受けられなかったという感じがありました」「発売数週間前に数々の新曲がオンラインに流出し、ファン達はその曲が前作に収録されなかったことに怒りを見せていました」と話していた。

そんなニコールはミュージカルやテレビの世界にも進出しており、英ITV局の『ディス・モーニング』の出演時にショービズの世界にいなかったら、おそらく地味なキャリアを積んでいただろうと話していた。「きっと犬の調教師になる人がいるように、鯨の調教師にでもなっていたでしょうね」「違う人生だったら、プロのサーファーになりたかったわ。かなりサーフィン下手なんだけどね。でも、サーフィンはかなりするのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop