『ナイトライダー』のデビッド・ハッセルホフがデビッド・ホフに改名!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ナイトライダー』などで知られるデビッド・ハッセルホフ(63)がデビッド・ホフへと改名した。ザ・ホフというニックネームを持つデビッドは長年改名を望んでいたといい、今回ついに実現したことに感激しているようだ。その新たな名前をユーチューブへ投稿したビデオで発表したデビッドは「俺は自分の人生から『ハッセル』を長年なくしたかったんだ。それが今回やっと正式に実行できたんだよ」とその喜びを語った。

ビデオの中でその新たな名字が表記された額入りの書類を得意気に見せたデビッドは、「今日はビッグニュースがあるんだけど、俺にとってはすごくホッとしたことなんだ。みんな理解してくれることを願うよ...最高の気分さ!」とツイートもしている。

そんなデビッドは最近、主演ドラマ『ベイウォッチ』の映画化が進んでいることについて、その映画作がひどい作品になると見込んでいるため、自身が出演したオリジナル版のストーリーに基づいている場合にのみザック・エフロン主演の新作に自ら出演するつもりだとの意向を明らかにしていた。出演依頼を受けたかという質問に対してデビッドは「僕が出るかなんて知らないよ。出たいかも疑問だね」と答えており、もう1つの人気番組『ナイトライダー』の映画化作への出演を依頼された経験はあるが、その脚本が気に入らなかったというエピソードを明かしている。「『ナイトライダー』の脚本を見たらすごく気に入らなかったんだ。持ってきた女性に『どう思う?』って聞かれて『僕の役のところにたどり着いた時には手元から飛んでってしまったよ』って答えたんだ。それから見ることはなかったね」「『ナイトライダー』が『ナイトライダー』らしい作品であったら出ていたと思うし、『ベイウォッチ』が馬鹿げた作品になるなら出ることもないよ」「『ベイウォッチ』のミュージカルとかそういった類なら出るかもしれないけどね。オリジナル版に限りなく近いものじゃないと。笑い話にされたりもするけど、みんなまだ大好きだからね。つまらない作品にはしてほしくないんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop