グウィネス・パルトロウ、離婚の事実受け入れに苦戦

グウィネス・パルトロウは自身の結婚が失敗だったと感じているようだ。コールドプレイのクリス・マーティンと今年になって離婚しているグウィネスは、落ち着いた家庭の出身だけに自分の結婚が破綻したという現実を受け入れるのにいまだに苦労しているのだという。ロサンゼルスで行われたQ&Aセッション中、人生において予定通りにいかなかったことを1つ上げるとしたら何かと尋ねられたグウィネスは「結婚ね。私は離婚のない家系の出身だから。私の両親は父が他界するまで結婚生活を送っていたわ」と答えた。

グウィネスはそんな家庭に育ったことで12年間続いたクリスとの結婚が生涯続くものだと考えていたとニューヨーク・デイリー・ニュースに語っている。「私は離婚っていう感覚があるような家庭の出じゃないから、私の人生についても大きな希望に満ちていたの」「それが実現されなかった、子供たちの父親と一生結婚生活を送れなかったということはすごく難しかったわ」「私について言われていたことを見直したり、こういった形の失敗を経験したという考えを持つことは挑戦でもあったの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop