ヤスミン・ル・ボン、三輪タクシー事故で肩骨折

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーモデルのヤスミン・ル・ボン(51)が三輪タクシーのトゥクトゥクから転落して肩を骨折した。チャリティ目的で350マイル(約560キロ)の旅に挑戦中のヤスミンだが、インド中部で乗車していたトゥクトゥクがくぼみに入り、車外に放り出されて肩を骨折したのだという。関係者の1人は「かなり恐ろしかったです。道路は我々が慣れているようなものではないですし、トゥクトゥクがくぼみに入ったときは、彼らは投げ出されていましたからね」「ヤスミンは大怪我を負っていました。肩を骨折し、かなり痛みを伴うものだったようです」と事故当時の様子を明かした。

80年代に最も稼ぐモデルの1人として一世を風靡し、デュラン・デュランのサイモン・ル・ボンを夫に持つヤスミンは、26歳になる娘アンバーとともに、絶滅に瀕する動物保護に対する資金集めの旅「トラベルズ・トゥ・マイ・エレファント」へ出ていたが、出発2日目にしてこの不運に見舞われてしまい、2万5000ポンド(約470万円)をすでに集めたとはいえ同プロジェクトの中止を余儀なくされたのだという。前述の関係者は「アンバーは大丈夫です。少しのすり傷ですみました」「運営側は怪我の程度が重いことを受け、ヤスミンを飛行機で帰すことを決め、旅自体を中止しなければなりませんでした」と続ける。

ヤスミンの代理人は、日曜版ザ・サン紙に「ヤスミンは少し心地悪い気分のようです。この旅を本当に楽しみにしていましたから、2日目にこのすべてが起こってしまったことがとても残念です」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop