「猫カフェ」ならぬ「猫パブ」がイギリスにオープン!

イギリスのブリストルに猫パブがオープンしたという。ザ・バッグ・オー・ネイルズという名のそのパブでは、オーナーの買っている15匹の猫がお客様をお迎えする。オーナーのダニエルズ氏は地元紙に対し「うちのパブには15匹の猫がいるんです。一度は24匹いたんですが、それは多すぎましたね。お客様の反応はだいたい良いですね。たまに入ってきてもすぐに出て行ってしまう方やアレルギーの方もいらっしゃいますが、多くのお客様にはご好評をいただいています」「うちは昔ながらのパブですので、飲みながら話すために皆様いらっしゃいますからね」と話す。

しかし一方で英国動物虐待防止協会は「猫の中には見知らぬ人に触られたりするのを嫌がる猫もいますし、基本的に多くの猫を一定の場所に集めることは推奨しません」「まして飲んでいる人がお酒を猫にも飲ませようとすることなんてもってのほかです。アルコールは深刻な影響をもたらす可能性のある有毒物質ですから」と反対している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop