チャーリー・シーン、HIV感染を公表

チャーリー・シーン(50)がHIVに感染していることを発表した。『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』などで知られるチャーリーは、4年前に初めてHIVだと診断された当初、脳腫瘍を疑っていたという。『トゥデイ』の中でインタビューに応じたチャーリーは「今日は俺が実のところHIVに感染しているということを認めるためにここに来たんだ。飲み込むのが辛い3文字だよ」と語り、診断されて以降数々の嫌がらせに悩まされていることを明かした。そのうちの何人にお金を支払ったのかという質問には答えることを拒否していたチャーリーだが「そのお金は俺の子供たちからの巻き上げているようなものなのにね」と口にした。

売春婦の利用を常に公に語ってきていたチャーリーは、自宅のバスルームにHIV患者用の薬があるのを目にした売春婦から脅迫されそうになったというエピソードも明かしていた。

感染経路がよく分かっていないというチャーリーだが、体の関係を持った数々の相手に自身の病気を隠していたという報道を否定しており、『トゥデイ』の司会者であるマット・ラウアーへの手紙に「俺は自分の状況においては常にコンドームと正直さを持ってきた」と綴っている。感染が発覚して以来、2度コンドームをつけずに性行為に及んだことを認めながらも、それが「主治医の保護下だった」としている。

チャーリーは16日(月)にナショナル・エンクワイラー紙とレーダーオンラインがHIV感染疑惑を報じたことで今回の公表に至っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop