サイード・ジャフリー86歳、死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテラン映画俳優のサイード・ジャフリー(86)が帰らぬ人となった。ボリウッドのみならず数々の海外映画にも出演したインド人俳優のサイードが脳出血のためロンドンで亡くなったことを姪のシャヒーン・アガーウォールさんがフェイスブック上で伝えている。15日(日)シャヒーンさんは、「本日、ジャフリー家の一世代がこの世を去りました。サイード・ジャフリーは彼の兄弟や姉妹たちに加わり、父なる神のお膝元で喜んでいるようです。永遠に」とフェイスブックでコメントした。アカデミー賞を受賞したリチャード・アッテンボロー監督の『ガンジー』、マイケル・ケインやショーン・コネリーと共演した『王になろうとした男』や『インドへの道』などに出演したサイードはロンドンの自宅で脳出血で倒れた後、意識が戻ることなく亡くなったのだという。

映画業界で活躍する傍らサイードはイギリス国内で数々のドラマに出演し、お茶の間でも人気を博していたほか、1985年にはその功績が称えられ大英帝国勲章を授与されていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop