ジェイミー・フォックス娘、2016年度ミス・ゴールデン・グローブ賞に!

ジェイミー・フォックスの娘コリーン・フォックス(20)が2016年度ミス・ゴールデン・グローブ賞を受賞することが分かった。来年行われる第73回ゴールデングローブ賞の席で、ハリウッド外国人記者協会により輝かしい賞を授与されることになったコリーンは「この知らせを受け取って3週間になるの。多分1か月かな、私はとても興奮したわ」「持っている力全てを使って1時間家の中をひたすら飛び跳ねつづけたわよ。それからミス・ゴールデン・グローブ賞についてグーグルで調べて、もうすごくワクワクしたわ」とその喜びをピープル誌に語っている。

コリーンが父ジェイミーにこの嬉しいニュースを報告した際、ジェイミーは目に涙を浮かべていたそうで「父はちょっと感情的になっていたわね。きっと彼は認めないと思うけど、目に涙を浮かべていたのよ。私が自分自身のものを手に入れたことにすごく喜んでくれたわ」と続ける。

2004年にはゴールデングローブ賞の2部門でノミネートされ、2005年度には出演した『Ray/レイ』の功績を称えられ最優秀男優賞を獲得した父ジェイミーの姿を同賞で見ていたコリーンは同じくこの式典で賞を授与されることに特別な喜びを感じるようで「何年もの間、父が素晴らしい俳優として確立していく姿をみていたわ」「だからそんな父の功績が称えられた同じステージを共有できるような機会をハリウッド外国人記者協会が与えて下さったことをとても誇りに思っているの」と話していた。

ミスター&ミス・ゴールデン・グローブ賞はセレブ達の子孫に授与される賞となっており、受賞者とってこの業界で様々な人達と人脈を作ることが出来る機会となっている。

ちなみにこの賞に選ばれた2人は授賞式の間、トロフィーを渡す役目も担うことにもなるようだ。

過去にはダコタ・ジョンソン、ルーマー・ウィリス、ソジー・ベーコン、グリア・グラマーらが受賞している。

第73回ゴールデングローブ賞は来年1月10日にリッキー・ジャーヴェイスの司会で執り行われる予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop