酔った時にキャラが変わる遺伝子が発見される!

酔った際に後悔してしまうような行動を引き起こすとされる遺伝子が発見された。今回の新発見で飲酒によりキャラがガラッと変わったり、いつもより暴力的になったりする人々の行動に説明がつく可能性があり、そうなれば研究チームは人々にアルコール消費を減らすように促す理由としてこの結果を利用することができると提案している。

ヘルシンキ大学のティッカネン教授は「この結果は、この突然変異体を持つ人は飲酒していない時でさえ自然と衝動的であり、自分のことをコントールすることが難しく、気分障害である場合が多くみられることを示しています」と話す。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop