ジョニーデップ、ヴァネッサ・パラディを永遠に愛し続ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニーデップは元パートナーであるヴァネッサ・パラディ(42)のことをこれからもずっと愛し続けると語った。2人の子どもリリー=ローズ(16)とジャック(12)をもうけたヴァネッサと2012年に破局を迎え、その後アンバー・ハード(29)と結婚しているジョニーだが、ヴァネッサがいつも自身の心の特別な場所にいるとデイリー・メール紙に明かしたのだ。「彼女は素晴らしい母親であり、魅力的な女性だよ。自分にとって良い女性で、それに一緒に子どもをもうけている女性を放棄するようなことはないよね。愛の形は変わるかもしれないけれど、何があろうとも彼女の事を愛していくんだよ」

その一方で俳優同士で気が合う人を見つけるのは簡単ではないことから、アンバーと恋に落ちたことには驚いているといい、「いろんな意味で、僕はアンバーの一緒にいたくない人でもあり、アンバーは僕の一緒にいたくない人でもあったんだ。だって男優と女優って一緒にいることが難しいからね」「でも彼女は仕事に対してとても良い見方を持っている女性なんだ。色んなことについて話題を持っているスマートな女性でもあるしね。それに古いブルース音楽も大好きで、スリム・ハーポやタンパ・レッドのような古いあまり有名でないブルースシンガーたちの名前が出てくるんだ。それを知った時、もう彼女以外見えなかったよね。とても魅力的な女の子で僕は一緒にいることができてとても幸せだよ」と話す。

さらにジョニーはアンバーが自身の子ども達とも仲良くしていることを明かし「彼らはとても親しい関係だよ。友達のようなものさ。嬉しいことだね。子ども達の中に誇りに思う点を見つけた時って喜ばしい気持ちだよ。特に僕の存在があるから、彼らはスマートで礼儀正しくて面倒見も良いいい子たちなんだ。だってほとんどの両親の仕事は僕がやっているような奇妙な事を要求されることはないからね!」「ジャックは絵を描くのがとても上手だし、音楽の演奏も上手なんだ。でも学校の演劇をしているのを見ても、彼は俳優になりたいという志はちっとも見せていないから、安心しているよ」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop