ジャスティン・ビーバー、全英チャートで3週連続1位のアデルからトップの座を奪う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャスティン・ビーバーが新曲『ソーリー』で全英チャートのトップを飾った。これまで3週間に渡ってトップに君臨していたアデルからその座を奪ったジャスティンは、『ラヴ・ユアセルフ』が3位『ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?』が5位とトップ5を独占するなどニューアルバム『パーパス』からトップ40圏内になんと8曲も送り出しており、生存するアーティストとしてその快挙を成し遂げた初のアーティストとして記録を生み出した。これまではこの記録は1957年にシングルチャートの40位以内に7曲ランクインさせたエルヴィス・プレスリーが保持していた。

しかしながらジャスティンはアルバムチャートでは今年のアルバム最速売上を誇っているワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』に抑えられ、2位に留まるに至っている。だが、アデルにとって第3作目となるニューアルバム『25』が先日にリリースされたことから、次週のチャートでは首位に躍り出るものと予想されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop