ジャスティン・ビーバー、出演予定を次々とキャンセルし謝罪

ジャスティン・ビーバーが予定されていた一連のパフォーマンスをキャンセルしたことに対し謝罪した。『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』への出演を含むさまざまな出演やパフォーマンス予定を十分な説明もなくキャンセルしたジャスティンが、自身の姿を見ることを待ち望んでくれていた人々に対してツイッターで謝罪した。「『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』のことを謝罪します。ショーのために明日ニューヨークに行くことができなくなりました。またの機会を楽しみにしているよ」

さらにその後出した新たなツイートで「理解してくれてありがとう。人生は時に牙をむくもんさ。僕らはそれに対応しなければいけない。また近々会おうね。ありがとう」とジャスティンはメッセージを発したが、ファンからの理解を感謝する一方で、ここでもキャンセル理由の詳細については説明しないままだった。

ゴシップサイトTMZは、ジャスティンはここ最近情緒不安定であり、単に多忙なスケジュールをこなすことが困難である状況だと分析している。

このキャンセル劇の前には、交際と破局を繰り返すセレーナ・ゴメスと一緒にいるところを目撃されている。ビバリーヒルズのとあるホテルのバーで、ジャスティが『マイ・ガール』や自身の新曲『ソーリー』などの曲をセレーナに捧げていた模様だ。

さらには、ジャスティンはセレーナのことをこれからも愛し続けると先日宣言していたばかりだ。「セレーナは俺が心から愛する人だよ。これからも彼女を愛することを止めることはないね」「それに様子を見ることもやめないさ。交際を止めたからといって、そういうことを止める必要はないと思うんだ。それがすごく悪影響でお互いに身体的もしくは精神的に傷つけ合うようなものでなければね。俺たちは常にお互いを尊敬し合っているし、それはこれからも変わらないよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop