インシンク、記録更新のアデルにお祝いのメッセージ

インシンクが自身らの持つアルバムセールスの記録を更新したアデルに向けてお祝いのメッセージを送っている。同グループが2000年に『ノー・ストリングス』で打ち出した発売7日で241万6000枚というセールス記録をアデルのニューアルバム『25』が今月20日のリリースからわずか3日で243万枚を超える売り上げを記録して塗り替えたことを受け、インシンクのメンバーであるJC・チャセスは「アデル、よくやったな」とツイートしており、ランス・バスも「アデルが週間売上最高記録に『ハロー』と言ったから僕らも正式に『バイ・バイ・バイ』と言うことにするよ。おめでとう!」とアデルへ称賛のメッセージを寄せており、クリス・カークパトリックもそれをリツイートして同意を示している。

ジャスティン・ティンバーレイクはこの件に関してコメントを出していないものの、ジョーイ・ファトーンはアデルが記録を破ったことを喜んでいるそうで、ビルボード誌に「心から正直に言って、アデルはまさに真実さ。僕たちのグループと同じところで彼女のような稀な才能を持つ人が息をしているなんてある意味興奮しちゃうね。僕も大ファンさ。あのアルバムを買ったくらいだからね」「それに記録というのは塗り替えられるためにあるんだ。だけど現代のテクノロジーや音楽業界の形態を考えてみると、この記録を破るのは難しいと思っていたよ」と話した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop