ジャック・ガラット、ブリット・アワードで批評家賞を受賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック・ガラットが2016年度のブリット・アワードで批評家賞を受賞した。イジー・ビズやフランシスら強豪を抑えてこの栄誉に輝いた22歳のジャックは、受賞にあたり「今年度のブリット・アワード批評家賞を受賞することが出来てとても恐縮しています。イギリスの音楽界新人を代表する存在の証となるこの賞にフランシスやイジー・ビズと肩を並べてノミネートされることだけでもすでに光栄でしたが、実際に受賞し、この国のとても楽しみな音楽界へ名を残せるなんて本当に驚きです。投票して下さったみなさん、ありがとうございます。これは僕にとってとても意味のあるものです」とコメントを出している。

この賞には過去にアデル、エミリー・サンデー、サム・スミス、ジェームズ・ベイらが輝いている。

ジャックは来年14日に放送される『ザ・ブリッツ・アー・カミング!』でこの賞を授与されることになり、ジェス・グリンやイヤーズ・アンド・イヤーズらと共にパフォーマンスも予定されている。

ジャックは来年2月19日にアイランド・レコードからデビューアルバム『フェイズ』をリリース予定となっており、この秋には完売となっていた全英ツアーを終えたところで、今月はマムフォード・アンド・サンズのUKアリーナツアーのサポートを務める予定だ。

2016年度のブリット・アワードは来年2月24日にロンドンのThe O2で開催される。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop