ジャック・スパロウそっくりになるために大金を費やす女性が登場!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに登場するジャック・スパロウになるために大金をはたいている女性がいるようだ。その名もアマンダ・スパロウさん(43)という4児の母のこの女性は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』をわずか10分間見た後にジョニー・デップが演じるそのキャラクターのそっくりさんになることを思いついたそうで、ジャックそっくりのタトゥーや金の歯などに計4000ポンド(約74万円)もを費やしたそうだ。

事の発端は13歳の娘がアマンダさんとジャックさんが似ていると口にしたことにあったそうで、「娘がテレビの前で『ママってジャック・スパロウそっくり!』と叫んだんですが、私は『ジャック・スパロウって誰?』という感じでしたね」と振り返っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop